本文へスキップ

ー株式会社協和ハウスは お客様と同じ気持ちで大切な一棟に向き合いますー

TEL. 0238-75-2413

新築住宅お見積り3日で作成致します!

見出

ウレタン断熱材について

【どうして、ウレタン断熱材を使うと高気密・高断熱になるの??】

『断熱』とは、外部との熱のやりとりを遮ること、熱が伝わるのを防ぐことを言います。
近年の新築住宅では、断熱材を使うのは当たり前になってきており、高断熱という言葉もよく耳にされるかと思います。夏の熱気や冬の冷気などの影響も受けにくくなるので、外気に関係なく室内の温度を一定に保ちやすくなります。
また、冷暖房に使用するエネルギーを減らす、省エネルギーにつながります。

しかし、そこに隙間があったらどうでしょう。せっかくの高断熱も意味がありません。
せっかく暖めた部屋なのに、どこからか隙間風が入ってきて『ブルブル…』とか、目に見える隙間がないのに、なかなか部屋が暖まらないとか、そんな経験ありませんか?
この、建物の隙間が少ないことを、高気密といいます。

その隙間をなくすため、『ウレタン断熱材』が登場するわけです。

写真のように、発泡施工するので細かい気泡で隙間を解消します。
吹き付けると、もこもこと膨らんで、隅から隅まで、家全体をすっぽりと覆います。
  

また、隙間から湿った空気が壁の中に入り込み、その空気が壁の中で冷やされて結露するので、隙間をなくすことは
『結露対策』にもつながります。

バナースペース

株式会社協和ハウス

〒999-1111
山形県西置賜郡飯豊町大字
手ノ子1413-1

TEL 0238-75-2413
FAX 0238-75-2078